最近まずくなったなーと思うものは牛丼とマック?

学校を卒業して会社員になると昼ごはんを毎日外で食べるようになりました。会社は神田にあったので食事をする場所はある意味いくらでもあるのですが、何しろ新入社員は金がありません。そんな時に吉野家の牛丼はまだ若くて大盛りも軽くいけた僕をかなり満足させてくれました。初めて吉野家の牛丼を食べたのは高3の時に友達と行った有楽町の吉野家で、正直こんなうまいものがあるんだー!と感動したわけです。その時は近くの銀座にあるマックもはしごして、普通のハンバーガーもいただきました。これまたこんなうまいものがあるんだーとその日2度目の感動をしたわけです。特に吉野家は、新卒の同僚で九州出身のMちゃんも東京にでてくる前から食べていたようで、いつも二人で、吉野家の牛丼の正しい食べ方(主にサイドメニューの選び方や紅生姜の量)を追求していました(笑)そんな吉野家がここ数年の間にまずくなっているとしか思えないほど劣化した味になっています。吉野家の牛丼は、松屋やすき屋とは別格のもので、まさに牛丼と呼べるのは吉野家だけでした。これがしょうがなく食べた松屋の牛丼にもあっさり劣っているわけです。もう昔のレシピは存在していないと思います。それと同じことがビックマックにも起こっていると最近思うようになりました。でも牛丼ほどではありません。コストを下げることは大切だけど味を失ってしまうことは、取り返しがつかないと思うのです。最近になって吉野家を食べ始めた人はどー思うかわかりませんが、昔は柔らかい牛肉、絶妙に美味いツユ、白菜のおしんこ。。。めちゃくちゃ美味しかったと再度言っておきたいと思うのです。女 ひげ 脱毛