女性の時代が来た現代でも男女のすみ分けは大事かな

ある記事によるとこれからは女性の時代で,リーダーや管理職のみならず善人や悪人まで表舞台に登場して賑やかしていくそうです。
確かに政治や芸能でもヒロイン扱いの人達とパッシングを浴びる人達が2つに分かれて話題になり,そのパワーも男性を上回るものがあります。
国も女性の社会進出を促し,実際は家庭を守る女性はまだかなりいるのに皆が外に目を向けて活躍しているようなイメージがあり,かなり過大になっている気もします。
男と女では体と心の構造上の違いがあるので,全く同じ生き物とは考えづらく,やはりそれぞれ向き不向きがあると思います。
現代においてよく発生する自然災害でも,捜索や復旧現場で活躍しているのはほとんど男性ですし,避難所の炊き出しで働いているのは女性が多いものです。
スポーツ競技でも男女の体力差は当然大きいですし,やはり男女は同等ではありません。
今や死語としてタブーになっている男らしさ女らしさという言葉は昔から使われてきたものです。
男女それぞれの能力を上手に分担していける形での女性進出を期待したいものです。