なんでみんなこぞって金髪にしたがるんだろう

先日、電車の駅から会社に行く途中にあるパチンコ屋さんで、朝から長い行列ができているのを見かけました。
私はパチンコの面白さや楽しさがわからないので、ずいぶん熱心なことを…と思って眺めていました。
朝から寒い中を並んで、何時間かパチンコを楽しんだとしても、必ず儲かるというわけではありません。
もし負けてしまえば、金銭的にもマイナスになるが、それ以上に、遊戯に費やした時間が無駄になるのがもったいないと思ってしまいます。
早朝のパチンコ屋さんの開店待ちの列の中には、髪の毛を金色に染めているような若い人が多くいたりします。
日本人なら、もちろん地毛は黒だったり濃い茶色だと思うし、根元の部分はそういう地毛の色が当然ながら見えます。
しかし、どうして若い人たちは髪の毛を金髪のように派手な色にしたがるのでしょうか。
たとえば何かのイベントなどで一日だけそういう色にしてみたいなと思うことはありますが、基本的にはそんなに色を入れたいとは思いません。
多少染めるくらいならまだしも、底まで派手な色にしたがるのは、ちょっと私には理解できないんですよね。